古い日記は こちら   since 2004.1.31

フラガール


金曜日の夜中にやっと「東京タワー」を読み終わった。



土曜日にテレビドラマで放映されましたが、
雅也が小さい時の親の苦労とか、東京での生活、
オトンのすごさ、原作ではとてもこまやかに表現されていたが、
ドラマはさっぱりでした。
彼女の話はほとんど出てこないはずだし・・・。

このドラマはガッカリでした。
原作は200万部以上売れているそうで、
本を読んだ方が良いですよ。

今日は家人との約束で、「
フラガール」を観に行って来ました。
いつも映画館は貸し切りか、数組のお客さんがいるくらいですが、
今日は結構席が埋まっている。うれしくなりますね。

昭和40年代の東北地方が舞台です。
時代が変わっても人間は変わらない、
そして大切なのは生きていくこと。

最初は笑いがたっぷりで、館内は笑い声でいっぱいです。
でも、悲しいことや、いろいろあって泣いてしまう映画です。

南海キャンディーズはしずちゃんはあまり好きなタレントでは
ありませんでしたが、この映画では良い役をして、すてきでしたよ。

ジェイク・シマブクロのウクレレが悲しい音楽を奏でています。


(今日の空)

2006年11月19日(日) No.135 (日記)