古い日記は こちら   since 2004.1.31

フライト練習


ctfmon.exe


仕事で使っているデスクトップパソコンの「言語バー」が消えてしまいました。

ATOKの日本語入力は出来るのですが、「言語バー」が無いと不便です。

どうもスタートアップから「ctfmon.exe」が消えたようです。

スタートからファイルを指定して実行で「ctfmon.exe」を実行すると

「言語バー」表示されます。



でも、再起動する度に、この作業をするのは面倒なので、

レジストリーを書き換えることに。

レジストリエディタで(regedit)

HKEY_CURRENT_USER\Software \Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run

右ウィンドウで新規作成し、名前はcftmon.exeにして、

データは

E:\Windows\System32\ctfmon.exe

とします。

OSがEドライブに入っているWindows 7だからです。

これで解決です。

2011年05月24日(火) No.845 (日記)

社内検査


ホイールパッド


メモリー


9日からお仕事開始です。

予定していた社内検査は、まだ雨の影響で出来ませんでした。
会社に出社してノートパソコンを触っていたら、画面が真っ黒になったり、
フリーズしたようになります。

先日、交換したメモリーに不具合があるようで、
パソコンショップで2GBのメモリーを買ってきて入れてみました。

今のところ、順調で動きもスムーズかも知れない。
でも、万が一のことを考えて、棚の中に眠っていた250GBのHDDに
OSを入れてこちらをバックアップ用として動くようにしてみましょう。

まず、今のノートパソコンの設定やファイル関係をWindows転送ツールを
使って外付けUSBのHDDに転送して置きます。

Windows 7のDVDをセットして「Support\Miwiz」ディレクトリーにある
「migsetup.exe」を起動します。
あとはウィザードに従って、バックアップするファイルを選択して、
外付けのHDDに一括して転送します。

HDDを載せ替えて新しくなったパソコンにwindows 7ををインストールしたら、
スタートメニューから「すべてのプログラム」・「アクセサリー」・「システムツール」・
「windows転送ツール」を実行します。

ウィザードに従って、外付けのHDDから転送すれば、設定などが新しいパソコンに
移行します。とても簡単で助かります。




オオイヌノフグリ


急遽 お休みに


今日は、本当は現場が仕事をするはずだったので、
検査のために出勤する予定でした。

ところが連日の雨で現場に入れないため、
急遽お休みになりました。

朝早くに起きてみると快晴の良い天気です。
そらとプーたんを連れて、公園まで行ってボール遊びをしてきました。
ほかのわんちゃんには会いません。まだ6時前ですから。



お休みになったので、フライト練習に行ってきました。

あまりに天気が良いので150mぐらい上空まで機体を上げて、

空撮してみました。





川の近くの畑は耕していますが、植え付けが始まっていません。

いつもなら、最盛期なのに・・・・。



2011年05月06日(金) No.840 (日記)

アルウィンド 初フライト